ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

店主
たかはし
新潟のディストロショップです。バンドもやってます。
rss atom
別野加奈 [海辺の花屋]
1991年生。音楽家、映像作家。筑波大学人文・文化学群日本語・日本文化学類卒業。自身の架空の心象風景に基づく芸術活動を横断的に行なう。2013年、ファーストフルアルバム「もう、見たくないよ、と言いつつそっと硝子の中に閉じ込めた 展」をリリース。2015年12月、セカンドアルバム「海辺の花屋」リリース、自身初の長編監督作品「TRAPPED IN THE GLASS」を全国各地で上映。

音楽制作のスタイルは、ピアノのみによるシンプルなもので、ボーカル曲が多いにもかかわらず、主題の繰り返しによるミニマルな楽曲構成が基本である。DAWによる打ち込みはほとんど行わない。メロディー・リリックともに物語性が強く表れており、俗に「映画のような音楽」と称される。別野自身も「私の曲にはストーリー性があって、その分一切メッセージ性がない」と語っている。また一曲の演奏時間が長いことも特徴の一つで、平均して8分を超えるものが多い。

曲調はフォーク、アンビエント、環境音楽等に分類されるものが多く、スローテンポなバラードが基本である。演奏形態は、ソロでは即興ピアノソロからのボーカル曲、という順序で間隔を空けずに繰り返される、長時間にわたる演奏が基本的なスタイルである。全曲、一切楽譜は存在しない。

Track List
1. lost day summer dreaming
2. 海辺の花屋
3. SUMMER
4. LOST
5. DAY
6. 亡霊
7. DREAMING
8. I swam
9. 庭の雨
10. ene



・ 型番
TKGR-006(Tokage records)
・ 販売価格

2,268円

・ 購入数